SunshinePHP 2019

ArrayAccess::offsetGet

(PHP 5, PHP 7)

ArrayAccess::offsetGetオフセットを取得する

説明

abstract public mixed ArrayAccess::offsetGet ( mixed $offset )

指定したオフセットの値を返します。

このメソッドは、オフセットが empty() かどうかを調べる際に実行されます。

パラメータ

offset

取得したいオフセット。

注意

注意:

PHP 5.3.4 以降ではプロトタイプのチェックが緩和され、 このメソッドの実装で参照を返せるようになりました。 これにより、ArrayAccess オブジェクトのオーバーロードされた配列に対する間接的な変更ができるようになりました。

直接的な変更とは、$obj[6] = 7 のように配列のその次元の値を完全に置き換える変更のことです。 一方、間接的な変更とは、$obj[6][7] = 7 のようにその次元の一部分のみを変更したり $var =& $obj[6] のように他の変数に参照を代入したりする変更のことです。 ++ によるインクリメントや -- によるデクリメントもまた、ある意味では間接的な変更を要するものです。

直接的な変更の際には ArrayAccess::offsetSet() がコールされますが、間接的な変更の際には ArrayAccess::offsetGet() がコールされます。この場合は ArrayAccess::offsetGet() の実装が参照を返せるようにしておく必要があります。 そうしなければ E_NOTICE メッセージが発生します。

返り値

すべての型の値を返すことができます。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top